在宅療養後方支援病院

長岡病院は在宅療養後方支援病院の届出をしております

在宅療養後方支援病院とは

在宅で療養している患者様を支えるために、在宅医療を提供する「かかりつけ医」と連携して、24時間いつでも入院患者を受け入れる病院のことです。
事前に患者様の情報を把握し、夜間や緊急時の入院にも迅速に対応できる体制を整えます。必要なときはいつでも入院できることで、患者様の不安を和らげ、かかりつけ医やご家族の負担を軽減することが在宅療養後方支援病院の目的です。

在宅医療の連携イメージ

在宅療養後方支援病院の連携イメージ

ご利用の流れ

① 事前登録

ご利用をご希望する患者様を、かかりつけ医が当院に登録します。
「入院希望の届出」用紙に必要事項を記入し、当院にFAXまたは郵送でお送りください。登録が済みますと、患者様に「あんしん登録カード」を発行します。カード1部と届出のコピー2部を返送しますので、かかりつけ医と患者様で保管をお願いします。
1人の患者様が、複数の在宅療養後方支援病院に登録することはできませんので、届出の際にはご注意ください。

在宅療養後方支援のご利用の流れ_事前登録

② 情報交換

患者様の診療情報を、かかりつけ医と定期的(3ヶ月に1回)に交換します。
当院からかかりつけ医に「診療情報提供書」をFAXいたします。
患者様の近況を記入し、当院にご返信ください。

在宅療養後方支援のご利用の流れ_情報交換

③ 入院の依頼

患者様の体調不良などで、入院が必要とかかりつけ医が判断した場合、かかりつけ医から当院に入院を依頼します。
当院では、円滑に入院できるよう常に病床を確保し、夜間でも緊急入院の患者様を受け入れます。
やむを得ず受け入れられない場合は、当院が責任をもって入院可能な病院を探します。

在宅療養後方支援のご利用の流れ_入院の依頼